パン工房 もくもくてん

 平成22年4月よりつるかわ学園構内(横溝記念館内)にて開店しました。
つるかわ学園利用者とベテランパン職人が作る真心と温かみが入っているおいしいパンです。皆様のお越しを心よりお待ちしております。

由来
「黙々与天行」つまり、黙々として天と与に語り黙々として天と与に行く。これは京都大教授だった西田幾太郎氏が書いた色紙の言葉です。
その西田幾太郎氏と親友の鈴木大拙博士が語り合ったことばの中で「人間は偉くならなくとも一個の正直な人間となって信用のできるものとなれば、それでけっこうだ。真っ黒になって黙々として一日働き、時節がくれば’さよなら’で消えていく。このような人を偉い人と自分は言いたい。すなわち平々凡々の一市民である。この他に何をか望まんや」と器の深さを語っているのです。
そこで、そうした生き方をしている人にお目にかかったことのないぼくは感動し、このくだりを「もくもくてん」といじってみたのです。

                        
画像
案内看板・のぼり
画像
入口外観
画像
店内風景

            パン工房 もくもくてん へのお問い合わせ

                TEL.042-735-0025

Page Top